読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AtomのFlexToolBarをアップデートした

何かわからない人はこれを見てください。

いくつか機能が追加されたので紹介。

Style

styleを設定することでボタンにStyleを当てることが出来るようになった。

"style": {
    "color": "red",
    "background-color": "white"
}

f:id:cakecatz:20150528081135p:plain
カラフル!

styleに設定されたプロパティがそのまま要素のStyleとして渡されるので、CSSで使えるものはすべて使えるはず。

Multiple callback

複数のコールバックを指定に対応。

"callback" : [
    "pane:split-right",
    "pane:split-right"
]

上記の例ではpanelが2枚開く。

f:id:cakecatz:20150528081308g:plain

Hide, Disable button

特定の言語を編集している時にボタンを隠す、無効にする。

f:id:cakecatz:20150528081638g:plain

 "hide": "coffee"
    "disable": "!markdown"
    "hide": ["coffee", "javascript"]

!を使うことで指定した言語のみで表示、有効にさせることが出来る。 言語名は適当に書いてもだいたい判別してくれるはず。

殆どの場合特定の言語でのみ有効にするからあんまり良くないって突っ込まれたから、 次のバージョンでshowenableも追加する予定。


あとは、もう実装はしてるけどまだリリースしてない機能に、cson,json5のサポートもある。もし試してみたかったらGitHubからCloneしてね。

今回のアップデートで欲しいと思ってた機能は大体載せたので、当分新しい機能の追加はないと思う。 こんな機能欲しい、というのがあったらIssue立ててください。



AtomのBlogでToolBarが紹介されて、そのプラグインとしてこのパッケージも載ったお陰で一気にユーザーが増えた気がする。
Atomのパッケージのスターも20超えててびっくりした。
この調子で開発を続けていきたい。


P.S. 会社辞めました。